魚の解体を見せていただきました🐟(食育) - 日の出医療福祉グループ
  • めいなん虹保育園

魚の解体を見せていただきました🐟(食育)

こんにちは!めいなん虹保育園です🌈

 

いつも給食のお魚をもってきてくださる魚屋さんが、魚🐟の解体をみせてくださいました。

 

「これは、何の魚かな?」と聞かれると

「まぐろ!」「クジラ!」「ブリ!」といろんな魚が出てきて、ちゃんと「ブリ」と知っている子どもたちもいました。

「ブリです🐟」

 

近くで見ると、魚のにおいもしていました。

「ちょっと魚のにおいがするよ?」と魚屋さんに質問している子どももいました。

とっても大きいですね!

 

いよいよ魚の解体がはじまります!

まず包丁でウロコを取ります。

「ウロコは、食べれるの?」と質問する友だちがいました。

「かたくて人は食べれないんだよ」と教えてもらいました。

「ウロコってキラキラしてる」「かたそう」ウロコを近くで見せてもらいました。

 

解体した魚のエラを見せてもらったり、心臓や骨も見せていただきました。

切り身では見ることが出来ない部分に、おどろきの表情です。

 

切り落とした頭の部分は「ツルツルしてる」とたくさん触ってました。

魚の顔を見せてもらうと、「歯が生えてるのかな」「触りたい!」と

魚の顔を触ったり、見たり、いろんな体験をすることができました。

 

そして「いただきます」「ごちそうさま」は生き物の命をいただく大切な心だということも学びました。

 

 

いよいよ給食の時間!!

命をいただく感謝の心で「いただきます!」

捌いたばかりの焼きたての魚を「パクリ」

 

「やわらかいな〜」

「おいしい〜」と残さずにみんな食べてました。

ごちそうさまでした。

 

「魚についてもっと知りたい!!」と興味を持ちはじめた友だちもいて、魚について調べている姿が見られました。

 

 

Work on Hinode
カテゴリー