芋掘りに行きました🍠(5歳児) - 日の出医療福祉グループ
  • めいなん虹保育園

芋掘りに行きました🍠(5歳児)

こんにちは!めいなん虹保育園です。

 

5歳児さんは、あかねヶ丘学園に芋掘りに行かせていただきました。

「おいもどうなってるかなあ」「おいもいっぱいあるといいな」と、夏にみんなで植えたサツマイモの成長を楽しみにしていました。

一生懸命に土の中のサツマイモを探します・・・

「よいしょよいしょ」🍠かたくて深い土の中にあるサツマイモ・・・『まだ見えないな?』

頑張って掘り進めると念願のサツマイモが見えてきました。

大きくなっているサツマイモに驚き‼️

「おっきいおっきいおいも掘れた〜!!」満足の笑顔です。

スコップだとサツマイモに傷がつくから、手で掘ります!!

「おっきいお芋掘りたいのに、なかなか出てこない〜」

「やったあ!!大きいお芋掘れた!」

 

「家族みたいなおいもだ!ちっちゃいいのは子どもだな!!」

 

芋掘りから帰ってくると、3歳児と4歳児にサツマイモを見せてくれました。

「初めは、スコップで掘ってから手で掘って引っ張ったんだよ!」

「スコップですると、おいもに傷がつくからそーっとするんだよ。」と詳しく教えてくれました。

「つめたいね」「手がむらさきになったよ」

「細長いおいももあったんだよ」

「なかなか、取れないおいもはおじさんが最後に取ってくれたんだ」

「虫もいて、バッタやミミズも見たんだよ」5歳児がしてきたたくさんの経験を真剣に聞く3歳児と4歳児でした。

 

持ち帰ったサツマイモをどうやって食べようかと考え、「おいもジュースを作ろうかな」「焼き芋したい!!」

・・・「みんなでシチューを作って食べたい!!」

ということで今度は、5歳児がさつまいものシチュー作りをする計画が始まりました。

 

あかねヶ丘学園の皆さま、素敵な経験をさせていただきありがとうございました。

Work on Hinode
カテゴリー