絵の具あそびをしたよ(ゆり組1歳児) - 日の出医療福祉グループ
  • 北おうじ虹こども園

絵の具あそびをしたよ(ゆり組1歳児)

この夏に手や足全身を使って絵の具あそびを行い感触を楽しんでいた子ども達。

何度も絵の具遊びを行うことで最初は触るのが苦手だった子どもも触って楽しめるようになっていきました。

そして今回はタンポを使って絵の具あそびを行いました!

絵の具の用意を保育者がしていると「ぺたぺたする!」「したいの!」と遊びが始まる前から期待いっぱいで楽しそうな様子、

いざタンポを持って絵の具をしてみると「ぺたぺたー!」とダイナミックに遊びを楽しんでいました。

タンポをペタペタするだけでなくカキカキと描けることに気付くとお友だちに「カキカキもできたよ!」と教えてあげる様子もありました。

遊びの中で手に絵の具が付くと「ついたー」「てて緑になったー」など嬉しそうに見せてくれる子どもたち。

絵の具遊びが終わってからも「ぺたぺたしたよ」「楽しかったね!」などお友だち同士でお話をして楽しんでいました。

絵の具遊びで作ってくれた作品はお部屋で子どもたちの大好きなおばけカボチャに大変身しました!

「かぼちゃ!」「おばけ!」などお部屋に飾られている作品を見て歌を歌ったり、お話したり嬉しそうにしています。

色に興味が出てきている子どもたち、これからも絵の具など遊びを通して子どもたちの興味を深めていけるように、そして子どもたちの興味や関心のあることを大切にしてワクワクや楽しいと感じられるような経験を重ねていきたいと思います。

 

 

Work on Hinode
カテゴリー