心肺蘇生法を学ぶ - 日の出医療福祉グループ
  • おかもと虹こども園

心肺蘇生法を学ぶ

おかもと虹こども園 本日東灘消防署から救急救命士の方が来られ、今年も人体模型を使用しながら心肺蘇生法を学びました。 昨年との大きな違いとして「コロナ対策」についてがありました。 不必要に顔を近づけない・身体に触れない・接触しない・心臓マッサージを行うときはタオルをかけるなどを学びました。 心臓マッサージの方法は、 「指の間に手を入れて肘をまっすぐ伸ばし均等に力を入れる」との事でした。 先生たちも言われた通り必死にマッサージを行ってました。 また、乳児の場合は心臓の場所が見つけにくかったのと力加減も難しく先生方も何度も確認しながら受講してました。 最後はAEDも使用しました。 本物同様の器具で本番さながらの練習が出来ました。 最後に救急救命士の方がおっしゃてました。 「人命救助をして、自身がコロナに感染しないようにくれぐれも注意しましょう」と・・・・ 複雑な気持ちで受け止めながらもそれが真実だと痛感した研修でした。                 最後に救急救命士の方がおっしゃってた事が心に残りました。 「せっかく人命救助をしたのに、コロナにかかっては意味がない。」「自分の身を守るためには必要異常な接触は避けましょう」との事でした。  
Work on Hinode
カテゴリー