園庭の植物たち(春) - 日の出医療福祉グループ
  • かすみがおか虹こども園

園庭の植物たち(春)

住宅街の一角にある、かすみがおか虹こども園。 園庭では、季節の草花や野菜の栽培を楽しんでいます。   ★春には毎年恒例のキャベツの苗を植えます。 すると、モンシロチョウが「みーつけた」とばかりに、キャベツの周りで遊びます。 あれあれ、今年もキャベツは、あおむしさんのおうちだね~。 キャベツの葉っぱは、あっという間に綺麗なレースのようになります。     ★あちこちから芽を出すようになってきた、この葉っぱ。 とっても臭いのですが、大切にしています。 これは《うまのすずくさ》です。ジャコウアゲハという美しい黒アゲハは、この草に 次の命を託します。そして育った幼虫たちは、この葉っぱを沢山たくさん食べて、サナギになり、 子どもに羽化という素晴らしい感動の瞬間を見せてくれます。 虫大好きな男の子、心配そうに「めっちゃ葉っぱ臭いのにな~。ちょうちょの赤ちゃん、 おなか大丈夫なんかな~」 優しい気持ちがあふれています。   ★3歳児のサツマイモ畑。いらない葉っぱは抜いてね~、と伝えると、「これはいらないの?」 「このはっぱは、どっち?」と聞きながら、お世話を頑張っています ★たんぽぽ組(2歳児)のとうもろこし   「たんぽぽさんのはっぱ!」ということがわかってくるようになり、園庭に出ると、 「おみずあげる!」と自分たちでお世話を楽しんでいます。   ★わかば組(1歳児)のお花畑 摘んでもつんでも、どんどん咲き続けるポーチュラカ。 たくさん摘んで触れていくなかで、お花が大好きになり、植物を大切に愛する気持ちが芽生えていきます。   今年もたくさんの自然と触れ合っていきたいです。                  
Work on Hinode
カテゴリー