マグロの解体ショー - 日の出医療福祉グループ
  • いせ虹こども園

マグロの解体ショー

いせ虹こども園に大きな魚がやってきました。

これは何の魚でしょう・・・。

 

 

準備をしている様子が気になって、5歳児さんがやって来ました。

「先生見て!マグロや!」「大きいー!!」「歯は小さい!!」

魚の名前を教えてくれる子、その大きさに驚いた子など大興奮の様子。

 

「ちょっと数えてみるね」と言って、歯の本数を数えてみる姿もありました。

108本あったそうです。

 

 

 

今日は、この大きなマグロを使い、いつもこども園に魚を入れてくださっている摩耶水産さんが創業30周年を記念して、子ども達に解体ショーをしてくれました。

マグロのお腹を見て、気づいたことがあるか5歳児さんに聞いてみると、「血が出てた」ということを教えてくれました。そんな気づきから「魚にも血管ってあるの?」「どこにあるの?」と疑問をもつ姿もありました。

途中で、子ども達もスプーンで削ぐ体験をさせてもらいました。

緊張した面持ちでの始まりでしたが、「上手だ!」「お見事!」と褒めてもらうと嬉しそうな表情に変わっていきましたよ。

 

解体されたマグロは、竜田揚げにして給食でいただきます。

魚の命をいただくことに感謝して、たくさん食べてくれると嬉しいですね。

 

 

 

 

Work on Hinode
カテゴリー